USCPA 30代
profile 35歳、男性。大学卒業後、建機メーカーに勤めて海外営業6年。海外駐在を経て現在に至る。
Q
一般事業会社で営業を経験した後、会計に興味を持ち、USCPAの資格を取りました。

30代中盤となり、心機一転、監査法人へ転職を考えておりますが、転職は可能でしょうか? 
A
業務経験を問わずにUSCPAの資格で監査法人に入所できるのは一般的には20代後半ぐらいまでです。

30代となると、一定の財務会計のキャリアを求められることが多いため、海外駐在時に、バックオフィスやサプライチェーンに絡むプロジェクトに関わった等のキャリアがあれば、監査法人のアドバイザリー領域でニーズがあるかもしれません。 
公認会計士の転職 »

経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む