公認会計士 30代 シニア
profile 30歳、男性。大学卒業後、1年間受験に専念。現在は中堅監査法人にてインチャージも経験。
Q
新卒時に四大監査法人への就職が難しく、中堅監査法人へ入所しました。5年半経ち、インチャージも経験しました。現在は、30歳です。

今後も監査を続けていくキャリアビジョンが描けず、スキルアップの為にも、将来的には、事業会社・経理職への転職を考えています。また一方で、当時入れなかった四大監査法人で働くことも諦めきれません。

四大監査法人を経てからでも、ある程度規模の大きな事業会社への転職は可能でしょうか。

それとも、すぐに事業会社への転職を考えた方がよいでしょうか。 
A
四大監査法人へ転職できる可能性は非常に高いと思いますが、事業会社については、企業によって組織バランスもあるため、困難な場合も考えられます。

年齢と経験のバランスを考えた際に、会計監査の経験のみですと年齢を重ねるにつれて事業会社への転職難易度は上がっていきますので、早ければ早いほど選択肢は多いと思います。

もしも四大監査法人へ行かれた場合は、単純に大手に入所したということだけではなく、その後に転職する事業会社で、何を経験したいか意識しながら業務をされるとよろしいかと思います。
公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、商社系の旅行会社に入社し、商社の旅行の手配や新店舗の立ち上げに従事。その後、大手の資格系の学校で、資格やその勉強で得た知識を活かした就職や転職支援業務に携わる。会計や監査法人業界に詳しく、多くの会計事務所や税理士法人との太いパイプを構築してきた。信頼関係を築くことからコンサルティングを開始し、その人の志向性や素養に合致したさまざまな提案を行うのが信条。趣味は鉄道旅行。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む