公認会計士 30代 スタッフ
profile 32歳、男性。公認会計士。大学卒業後、メーカーの経理部で働きながら勉強を続け3年目に論文式試験に合格。現在は監査法人に勤務。​
Q
中小の監査法人で働く32歳の公認会計士です。USCPAも保持しています。
転職先の候補の一つとして外資系金融機関(銀行)を検討しています。
ちなみにtoeic850点、英会話はビジネスレベルです。

この転職をした場合、会計士、USCPAとして転職後に使えるスキル(知識)と
今後、勉強して補わないといけない知識について教えてください。
また、そのような求人があるのかも、あわせて教えてください。
 
A
一般論にはなりますが、日系に比べて外資系は即戦力を求める傾向が強くなります。

製造業の経験者よりも金融業の経験者。製造業の監査経験者よりも金融業の監査経験者。経験を補うものとして資格試験がありますが、金融業にいらっしゃる会計士の方が他に持っている資格という観点で見ると、「証券アナリスト資格」を持った方が比較的多いように感じます。

ただし、業界経験がまったく無い場合は、たとえ資格があっても限りなく狭き門となってしまいます。

可能であれば① 監査法人内で金融部門への異動を願い出るか、② 他法人の金融部門への転職、③ 日系金融機関への転職など、将来的な外資系金融機関への転職可能性を広げるためのキャリアプランを描く必要があると思います。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む