公認会計士 30代 シニア
profile 32歳、男性。公認会計士。大手監査法人に勤務していた際、長時間の労働により、体調を崩し、休職。 
Q
30代前半の会計士です。監査法人に勤務し長時間労働で身体を壊してしまい、
半年休職していました。

医師から就業に全く問題ないという診断書をもらい、転職活動を始めたいと思って
います。面接などの際、体調を崩したことを正直に言うべきでしょうか。
 
A
休職された事実を伝えることによって、選考が有利に働くということは無いと思います。

ただ、その事実を伝えた上で、ご縁があったところで働かれる方が、ご本人としてもスッキリとした気持ちで、業務に集中できるのではないかと思います。

また、体調を崩された経緯を伝えることで、一定の配慮もされると思います。同じ状況に陥らないためにも事実を伝えた上で、面接に臨むことをお薦めいたします。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む