公認会計士 40代 マネージャー
profile 40歳、男性。公認会計士。大手監査法人に勤務。 
Q
監査法人で働く40歳の男性です。この度、独立開業を考えていますが、
クライアント開拓をひとりで開拓していく自信がありません。

自分で開拓していくために、どのようなことが必要でしょうか。いったん、
後継者を探している事務所に転職した方が良いのでしょうか。
 
A
独立開業される場合、安定したクライアントの確保が事業継続のカギとなり、そこが皆さんの苦労されるところだと思います。

そのため、開業される前にある程度の見込み客や開拓ルートを持つか、何かしらの戦略のもと、時間をかけてお客様を増やしていく覚悟を持つことが必要でしょう。

おっしゃる通り、事業継承を希望される事務所もありますが、数も少なく、場所が東京以外の地方の場合もあります。また、一定水準以上の税務経験を求められるなど、クリアすべき条件も多く有るということもご承知おき下さい。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、東証一部上場企業で27年間勤務。多くの部門で管理職および営業部長職などを歴任し、社内管理から法人営業、システム構築などを幅広く経験。現在は弊社エージェントとして事業会社、監査法人、コンサルティングファーム、その他非公開会社、ベンチャー企業、外資系企業も得意としている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・海外展開あり(日系グローバル企業)



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む