公認会計士 30代 シニア
profile 30歳、男性。大学在学中に公認会計士論文式試験に合格。卒業後に、大手監査法人に入所。 
Q
30歳の男性、公認会計士です。大手監査法人に勤務していましたが、今回、事業会社への転職が決まりました。

退職の申し出をしたところ、強い引き止めにあっています。どのようにして退職すればよいでしょうか。 
A
いくら引き留めを受けても退職の意思は揺るがないことを、上司に伝える必要があります。

退職については、交渉の余地があるものではなく、決定事項であるという意思表示をしましょう

しっかり意思表示がされず、上司から見て気持ちが変わるかもしれないと期待されてしまうようであれば、いつまでも引き留めにあってしまうと思います。 
公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後は新規事業の立ち上げや、人材ビジネス業界での管理職として法人営業、社員育成に携わる。会計業務の請負なども経験する中で、より会計・経理・財務分野のプロフェッショナルに専門性を持って人材ビジネスに携わりたいという想いから弊社へ入社。人材ビジネス業界での長いキャリアから、キメの細かいサポートに強みを持つ。

【専門領域】
・流通、小売(食品、医薬品、化粧品)
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む