公認会計士 30代
profile 32歳、男性。大卒。5年かけて会計士試験に合格し、中堅の監査法人へ。約4年勤めて、現職の再生ファームへ転職。現在に至る。
Q
32歳の男性です。中規模の監査法人で監査を経験した後、M&Aや企業再生を支援するコンサルティング会社に転職しましたが、未経験業務についても指導してもらえず、毎晩深夜まで働いています(現在、4カ月目)。

転職するかどうかの気持ちも固まっていませんが、そう決めた場合でも、転職活動に費やす時間がありません。

退職すると決めた場合でも、在職期間が短くてのの退職になるので、その点についても悩んでいます。今後、どのようにしたらよいでしょうか。 
A
退職する決心ができていて、さらに今後の方向性が定まっているのであれば、退職してから転職活動を進めるのも、選択肢の一つかもしれません。

一般的には、現職を辞めずに転職活動し、内定が出てから退職を申し入れるところですが、外部環境がよい時(売り手市場)であれば、次の職場を容易に見つけることができます。

いずれにしても、転職希望者の事情によって異なりますので、一度、ご相談にお越し下さい。 

経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む