公認会計士 20代 スタッフ
profile 27歳、男性。大学を卒業後、公認会計士論文式試験に合格し、大手監査法人に入所。監査に携わり3年目。
Q
27歳の公認会計士、監査業務3年目です。コンサルは忙しいと聞くので、一般事業会社への転職を考えています。

監査業務を続けて30代になると、監査法人での年収が上がっていき、事業会社への転職をする際、かなりの年収ダウンにつながると聞いています。

そうなる前の転職を考えていますが、時期はいつ頃がいいでしょうか。 
A
年収という点を重要視する場合、転職の時期はなるべく方がよいと思います。

ただし、修了考査が終わっていない場合は、事業会社よりも監査法人にいた方が試験の準備はしやすいと思いますので、修了考査合格後、すぐに活動をされるのが、タイミングとしては一番よいかと思います。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後は新規事業の立ち上げや、人材ビジネス業界での管理職として法人営業、社員育成に携わる。会計業務の請負なども経験する中で、より会計・経理・財務分野のプロフェッショナルに専門性を持って人材ビジネスに携わりたいという想いから弊社へ入社。人材ビジネス業界での長いキャリアから、キメの細かいサポートに強みを持つ。

【専門領域】
・流通、小売(食品、医薬品、化粧品)
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む