公認会計士 20代 シニア
profile 28歳、男性。大学在学中に、会計士試験に合格し。卒業後、正職員として大手監査法人に勤務。 
Q
28歳の男性。公認会計士です。将来CFOになりたいと考えています。

現在、監査法人で5年ほどの経験ですが、今後、興味を惹くCFOの
求人が見つかり次第、転職を考えています。監査法人で何か準備して
おくべきことはありますでしょうか。

監査法人の経験しかない私が、いきなりCFOの求人に応募するより、
まずは事業会社で経験を積むのが、近道でしょうか。
 
A
CFOになるには、経理や財務知識だけでなく、経営者としての視点が求められます。監査法人でも事業会社でも、それらを意識して業務を行っていく必要があります。

また、突然CFOとして迎え入れられるケースはまれと言えます。一旦、CFOの一つ下やスタッフ職として入社し、組織の中で評価を受けてからCFOのポジションを得るようなケースが圧倒的に多いです。CFOが不在といったベンチャーなどに身を置くことが近道かもしれません。

まれに監査クライアントから直接声が掛かるというケースもありますので、ベンチャー企業へのアサインを希望し、経営者との接点を増やすのも一つです。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、商社系の旅行会社に入社し、商社の旅行の手配や新店舗の立ち上げに従事。その後、大手の資格系の学校で、資格やその勉強で得た知識を活かした就職や転職支援業務に携わる。会計や監査法人業界に詳しく、多くの会計事務所や税理士法人との太いパイプを構築してきた。信頼関係を築くことからコンサルティングを開始し、その人の志向性や素養に合致したさまざまな提案を行うのが信条。趣味は鉄道旅行。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む