公認会計士 30代 マネージャー
profile 35歳、男性。大学卒業後、公認会計士試験に専念。合格後、大手監査法人に入所。 
Q
35歳の公認会計士です。監査法人で監査業務の経験しかありません。

このまま監査法人へ残ろうかと考えていますが、その判断をするにあたってのメリットとデメリットを教えてください。 
A
メリットデメリットを考える前に、ご自身でどのような将来像を描いていらっしゃいますか。

監査法人に残りパートナーを目指すのも一つですし、事業会社への出向やアドバイザリー部門への異動など、法人に所属しながらでも、ご自身の希望を叶える道はいくつもあるかと思います。

まずは将来像を明確にし、ご自身の中で優先することを再確認することで監査法人に残るメリットやデメリットも見えてくるかと思います。 

公認会計士の求人 »

公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、商社系の旅行会社に入社し、商社の旅行の手配や新店舗の立ち上げに従事。その後、大手の資格系の学校で、資格やその勉強で得た知識を活かした就職や転職支援業務に携わる。会計や監査法人業界に詳しく、多くの会計事務所や税理士法人との太いパイプを構築してきた。信頼関係を築くことからコンサルティングを開始し、その人の志向性や素養に合致したさまざまな提案を行うのが信条。趣味は鉄道旅行。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む