公認会計士 30代 マネージャー
profile 30代、男性。大手監査法人にて、マネージャー職。
Q
現在、30代半ば、大手監査法人にてマネージャー職として勤務しています。

将来のことやワークライフバランスを考え、一般事業会社の経理職や経営企画職への転職を希望しています。年収については、現在1,000万円ですが、どの程度のダウンを覚悟すればよいでしょうか。
A
会計士の方であっても未経験の職種に転職する場合、ある程度の年収ダウンの覚悟は必要です。

監査法人での経験が即戦力として活かせるような職場であれば、年収の維持も可能ではないかと思いますが、求人数としてはかなり限定的になります。

年収以外の面を含めて、複数の企業から比較検討するには、現在の年収から200万円~400万円位のダウンを覚悟した上で活動されると、多くの求人が対象になると思います。 
公認会計士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後は新規事業の立ち上げや、人材ビジネス業界での管理職として法人営業、社員育成に携わる。会計業務の請負なども経験する中で、より会計・経理・財務分野のプロフェッショナルに専門性を持って人材ビジネスに携わりたいという想いから弊社へ入社。人材ビジネス業界での長いキャリアから、キメの細かいサポートに強みを持つ。

【専門領域】
・流通、小売(食品、医薬品、化粧品)
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む