公認会計士 20代 スタッフ
profile 20代、男性。大手監査法人で働く公認会計士。 
Q
監査法人で働く、20代の公認会計士です。一般事業会社の経理部というと、ルーティンワークのイメージがあります。

公認会計士は、事業会社の中のどういった場面で活躍ができるのでしょうか。 
A
一般事業会社において、会計士が期待される役割としては、監査法人の監査を受ける上で論点となるような会計処理の事前対応、また実際の監査法人の対応や折衝、高度な知識を活かした連結決算や開示業務、M&A業務などが挙げられます。

他にもインチャージを経験されている方であれば、管理職としてのマネジメントスキルや、各種ファイナンススキームの企画や銀行折衝、経営企画 など、多方面に活躍できる可能性があります。 
公認会計士の転職 »

経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む