公認会計士 30代 スタッフ
profile 31歳、男性。大学卒業後、一般企業に就職。営業を経験した後、退職して会計士の勉強に励む。公認会計士試験に合格後は、中堅の監査法人に転職し、現在に至る。
Q
31歳、男性、公認会計士です。現在、監査法人に勤務していますが、将来の独立を見据えて、税務の経験を積みたいと考えています。

税務の仕事は未経験ですが、会計事務所への転職は可能でしょうか。また、年収はどれくらいになりますか。 
A
税務に限らず公認会計士の独立の形も様々ですので、必ずしも税務の仕事を経験することが独立への近道とは限りませんが、監査法人出身の公認会計士を求める会計事務所は多くあります。

また、会計事務所を選ぶ際には、先ずはクライアントを想像して下さい

上場企業をクライアントにしているような大手・中堅の法人であれば会計面の知識も活かすことができると思いますし、年収も大きなダウンに繋がらないケースも見受けられます。

独立を視野に入れるのであれば、中小企業相手に経営全般の相談に乗っている中堅以下、または個人の会計事務所がターゲットになると思います。この場合は、450~600万円程度が平均的な年収相場となるので、現在よりもかなり下がることを覚悟しなければなりません。 
公認会計士の転職 »

経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む