30代
profile 上場企業から中小企業の経理部への転職を考えている36歳、男性。数人で回す仕事量というのがイメージつかず不安に感じている。
Q
何十人も経理部員のいる上場企業から、未上場の中小企業の経理部への転職を考えている36歳の男性です。いくつか受けている中で、中小企業の経理部の場合、4,5人から多くても10人程度の人数の企業が多いように思います。

いままでは大人数の中でやっていたため、会計基準が違うとはいえ、どうにも4,5人で回す仕事量というのがイメージつきません。これくらいの規模の企業ですと、給与計算や税務などは外部に出すのが一般的なのでしょうか。どの企業に入社を決めるにせよ、入社前に詳しい仕事分担の説明などがあるのでしょうか。心配です。
 
A
中小企業においては会計事務所などに給与計算、税務は全て任せているという企業も多くあり、この状況によっては自身の担当する業務の範囲が大きく変わってくると思います。ただ、どのような企業が外部委託をしているのかというのは確認してみないことには分かりませんので、ご自身の業務も含めて面接で確認をおこなってください。

恐らくどの企業であっても上司にあたる経理部長や管理部長といった立場の方との面接が実施されると思いますので、下記を質問できれば、ある程度求められているものを立体的に把握できるのではないかと思います。

・入社後すぐに任せたい業務・数年の間に任せたい業務・今回の募集ポジションに期待していること・管理職の立場で感じている現課題

直接的に業務に関連するわけではありませんが、他のメンバーの経験値(スキルレベルや在籍何年目かなど)を確認できれば、組織の中における自身の立ち位置も見えてくると思います。ぜひ納得できるまで丁寧に質問してみてください。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む