30代
profile 32歳、中小企業の経理部で働く男性。転職するにあたり、面接時に話していい本音と建て前のボーダーラインについて知りたいと思っている。 
Q
32歳、中小企業の経理部で働く男性です。転職の場面での志望動機についての質問です。経理で転職を考えている人は、業種や企業よりも、経理としてどんな仕事ができるかで会社を選ぶ人が多いのではないかと思います。

「待遇がよくて、その仕事ができればどこでもいい」というのが本音だとしても、それを面接の場で言わない方がよいくらいはわかります。たとえば、「社会に貢献したいから」など、その会社でなくてもできるようなことは、言わない方がよいのでしょうか。

他に、面接で絶対言わない方がよいことがあれば教えてください。

 
A
志望動機として相応しいと思うようなポジティブな理由を考えられていると思いますので、言わない方が良いことはあまり無いように思います。ただ、絶対に伝えた方が良いのは、質問者様がその企業のことをしっかりと調べ、理解した上で、心から「ここが素晴らしい」と思えるところです。

それは社会貢献性の高い事業に対する魅力であったり、経営者の掲げる理念への共感であったり、上司となる経理部長が非常に魅力的であることなど、何でも良いと思います。

ただ面接用に上手く伝わりそうなことを準備するのではなく、あくまでも質問者様が本心から素晴らしいと思ったことを伝えるようにしてください。面接前の準備は、その要素を探すための時間と言っても良いと思います。

もしもそう思える要素が一つも無いということであれば、その企業への入社は思いとどまった方が良いかもしれません。「待遇がよくて、その仕事ができればどこでもいい」という視点だけで選ぶと、待遇が悪くなった瞬間にその会社にいる意義を失ってしまいます。待遇や業務内容以外の部分でも、その会社で頑張ろうと思えることを探すようにしてみてください。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む