30代
profile いずれ経営のポジションを目指す30歳の男性。その準備のために取得するのは、簿記1級と中小企業診断士のどちらがよいか知りたがっている。 
Q
現在は、中小企業の経理部決算チームで働く30歳の男性です。いまの会社では出世の目がないので、ゆくゆくは転職し同じような未上場企業で経営にも関われるポジション(経理にはこだわっていません)を目指したいと考えています。

その準備のため、より難度の高い資格を今のうちに取得しておきたいと目指したいと考えていますが、簿記1級を目指すのと中小企業診断士を目指すのではどちらが将来的に有用でしょうか。ちなみに現在は簿記2級を持っています。

他にもっと近道の手段や取った方がよい資格があれば教えてください。
 
A
結論から申し上げると、昇格と資格にはあまり強い因果関係は無いと思います。採用段階で資格が有効になることはありますが、入社後はあくまでも仕事ぶりが評価されるケースがほとんどではないかと思います。一部の企業では昇格の条件に特定の資格取得を義務付けるケースもあるかもしれませんが、これは昇格に資格が必要ということであって、資格があれば昇格できるということではありません。

ただ、組織構成を見るとその機会の多寡は推測できることもあります。例えば30歳の主任、40歳の課長、50歳の部長、60歳の役員という組織よりも、部長兼務の60歳役員以下30歳のスタッフが3名という組織の方が、30歳の質問者様が入社した場合に昇格の機会は多くあるように感じます。

他にも募集背景として部長とメンバーの間が不在なので、近い将来マネジメントを任せられるようなスタッフを募集したい、という求人もあります。このように昇進を第一に考えるのであれば、転職活動をする段階でしっかりと企業研究をすることのほうが資格取得よりも近道になるのではないかと思います。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む