30代
profile 転職活動中の32歳男性。コロナの影響で希望する業界の求人が減っているなか、興味のない企業でもいったん転職をした方がいいのか、コロナが終わりまた求人数が戻るまで待った方がよいのか知りたがっている。
Q
今年の1月で仕事を辞め、転職活動中の32歳男性です。ゆっくり転職先を探そうと思っていたところで、このコロナ騒動。経理とはいえクリエイティブな雰囲気のなかで働きたく、エンタメ業界を希望していますが、経理職の求人はみつけられません。

このままブランクが空いてしまうのもよくないと思うのですが、あまり興味のない業界でも転職してしまった方がよいのか、コロナが収束しまた求人の数が戻ってくるまで待つのがよいのか、アドバイスをください。
 
A
エンタメ業界を希望している質問者様の熱量を感じ取ることが難しいのですが、どうしてもいつかはエンタメ業界に行きたいという気持ちが強く、他の業界に転職したとしてもいずれは再度転職活動を行うつもりなのであれば、引き続きこだわって探された方が良いと思います。

どうしても離職期間が長引いてしまうようであれば、派遣などで期間を区切って仕事をすることも検討されてみてはいかがでしょうか。企業規模や業務内容なども比較的選びやすいため、新たなスキルを身につけることも可能です。転職に支障がないように、1ヵ月毎に契約を更新していくようなことも可能ですので、まずはエージェントに相談してみてください。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む