20代
profile 中小企業の経理部で働く28歳の男性。決算期など、ライバルが少ない時期に転職活動をすると他の時期よりも、よい求人に決まる確率は上がるのかどうかを知りたがっている。
Q
中小企業の経理部で働く28歳の男性です。転職の時期について質問があります。4月は3月決算の企業は決算期で、1年で一番忙しい時期かと思います。

このような時期に転職をする人は少ないのではないかと勝手に予想しており、このようなライバルが少ない状況であったら他の時期よりも、よい求人に決まる確率は上がるでしょうか。
 
A
他の方の活動にも目を向けるというのは非常に良い視点だと思います。確かにおっしゃるように決算時期は転職活動に時間が割けないという声も多く、ライバルが少ない時期だといえると思います。

10人で一つの椅子を争うよりも、5人の方が確率は上がりますので、このような時期に転職活動をするメリットはあると思います。ただ、採用する企業側の面接官の時間が割けないなど、繁忙期ならではの理由で採用がストップしてしまうこともあります。

結論から申し上げると、敢えて繁忙期を狙って転職活動を行う必要はありませんが、一年を通じて求人に対してはアンテナを張っておいた方が良く、繁忙期だからといって転職活動を休止してしまうことは、思わぬ機会ロスを生んでしまうかもしれません。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む