30代
profile 中小企業の経理部で働く32歳男性。SEとして働いていた経験があり、システムに強いと経理の転職においては有利なのか気になっている。 
Q
現在は中小企業の経理部で働く32歳の男性です。わたし自身、新卒のころに2年間SE(社内システム構築)をやっており、その時に仕事上取得した日商簿記検定をきっかけに経理に興味を持ち、キャリアチェンジした経験があります。ある程度システムに強いと経理の転職に困らないと耳にしたので教えてください。

いま働いている企業ではERPなどを導入していないので、正直なところどういったものかよくわらないのですが、わたしのような経歴でも「システムに強い」を売りにして転職先を探すと、通常の経理職よりも年収のよい求人に受かる可能性もあるのでしょうか。
 
A
先ずはご質問を2つに分けてお答えさせていただきます。

①システムに強いと経理の転職に困らないのかこちらについては転職活動上、他の方に比べて有利になることは間違いないと思います。

企業によって事業内容は千差万別ですので、業務管理系のシステムは様々ですが、経理については比較的業種を問わずに共通のシステムが使用されています。なので、システムを導入・カスタマイズする際に経理部門としてそのプロジェクトに関与した経験があることや、導入後のシステム活用に貢献した経験などは、他の企業でも比較的活かせる場面が多くあります。

一方で転職市場にその経験者は少ないため、直接的に経験が無かったとしても、「システム部門と経理部門のハブ機能を果たせるような知見を持った方」については、転職活動において優位性が発揮できると思います。


②通常の経理職よりも年収の高い求人に受かる可能性があるか同じポジションで、システムに強い方とそうでない方で年収の差がつくことは考えにくいので、年収水準の高い企業に受かる可能性があるのかというご質問としてお答えします。

前半の質問にも関係しますが、可能性は高くなると思います。年収が高いなど、魅力的な企業には当然応募者も多く、競争率が上がります。そういった競合他者と比較をした際に、システムに強いことは一つの差別化要因になると思います。

ただ、募集企業の課題感にマッチしているかどうかは別なので、英語力の高い方、公認会計士資格を持っている方、税務に強い方など、今回の募集でどういった人材を求めたいかという企業ニーズに合致していることが条件になると思います。

エージェントが直接企業にヒアリングをする中で、システム導入を検討している企業などからもご相談をお受けします。質問者様の経験を活かせるものをピックアップしてご案内ができるのではないかと思いますので、ぜひエージェントを使った効率的な転職活動を進めてみてください。
 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む