30代
profile 中小企業の経理部で働く32歳の男性。外資系企業への転職を検討するにあたり、日系企業の経理とはどこが違うのか気になっている。 
Q
現在は中小企業の経理部で働く32歳の男性です。元から英語が好きだったこともあり、BATICを受験(結果はアカウンティングマネジャーレベル)したことをきっかけに、外資系企業の経理部で働くことに興味を持ち始めました。

日系企業とは会計基準や会計用語、使用する会計システムが違うことは想像がつきますが、他に大きく違うのはどういったところになるのでしょうか。また外資系企業ですと、業績によってすぐに解雇になるなど雇用が不安定といったことはあるのでしょうか。

また、ジャスネットには外資系企業経理部の求人はありますか。
 
A
日系企業でも外資系企業でも、日本で事業をおこなう以上は経理としての基本的な役割が変わるわけではありません。どちらかと言えば会社規模や自身の担当業務などによって業務内容が変わってくるのではないかと思います。

その中でも外資系特有なことでいえば、多くの意思決定が本国で行われるため日次・週次・月次・四半期・年次といったレポーティングは本国に対しておこなわれることが多いといえます。また、日本国内の意思決定においても海外の承認が必要となる場合が出てくるため、ポジションによっては海外と非常に多くのコミュニケーション機会が出てきます。


また、外資系といっても日本の労働法を遵守しなければなりませんので、解雇に必要な要件は日系企業と変わりません。一方で、業績によっては日本から撤退するという選択がされる可能性がある以上、日系企業よりも解雇のリスクが高いというのはその通りかもしれません。

ジャスネットでも外資系企業の求人を扱っております。過去に解雇となった方がいらっしゃるのかどうかなど、エージェントが把握している情報は可能な限りお伝えさせていただきますので、安心してご相談ください。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む