30代
profile 上場企業で働く33歳男性。経理の仕事を辞めて、ほかの仕事にキャリアチェンジを考えている。その際、経理のキャリアを活かせる仕事にはどのようなものがあるのか、知りたがっている。
Q
33歳、上場企業の経理部で働く男性です。2社での経理経験があります。経理という仕事への適性がないと感じており、この年齢ではありますがキャリアチェンジの転職をしようと考えています。経理を辞めるとはいえ経理で10年間働いてきたので、この経験を何かしら次の仕事でも活かせればなと考えています。

わたしのように元経理パーソンが活躍できる経理部以外の業界や業種、特定の職場があれば教えてください。また、ジャスネットでそのような仕事の紹介もやっているかどうかを教えてください。
 
A

意外と経理経験者を求める声は多く、経理部門の管理職の方とお話しをしていても、「うちの部門に経理から異動させて欲しい」「そんなことを言われても経理もギリギリでやっているので無理だ」のようなやりとりが実際にもあるようです。

これまで企業側の声をヒアリングした中では、下記が比較的経理のキャリアを活かしやすいのではないかと思います。

① 国内拠点や海外拠点における経理(場合によっては管理部門全般)の取りまとめ役

② 事業部門や経営企画部門において管理会計や各種計数面の分析などを期待されるようなポジション

少し脱線しますが、弊社は経理を希望する方に対してキャリア支援をおこなっておりますので、ユーザーの気持ちがわかるエージェントとしてご活躍いただけるのではないかと思います。というように質問者様が想像していないような業務も含めて世の中には経理の経験を活かせる仕事が数多く存在していると思います。


ただ、やはり重要なのは「経理という仕事への適性がないと感じており」という部分になります。適性がないと感じられてしまった要因が何なのか、逆に適性があると感じている業務はどのようなものなのかを一度整理することが必須なのではないかと思います。

キャリアチェンジにより短期的には目新しい業務に携わることで適性の有無についてあまり考える機会もなくなるかもしれませんが、根本的な部分が解決できていないのであれば、数年後には恐らく再度転職活動を再度検討することになってしまうと思います。「何ができるかよりも何をしたいか」をまずは考えてみた方が良いかもしれません。

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む