30代
profile 中小メーカーの経理部で働いている31歳女性。転職を考えるにあたり、企業が女性の定着と働きやすさを考えているかどうかを見分けるポイントを知りたいと思っている。 
Q
中小メーカーの経理部で働いている31歳の女性です。会社は男性の割合が多く、育児休暇制度がなかったり時短勤務の実績がなかったり「女性の働きやすさ」が考えられている環境とはいえません。

色々な転職サイトに掲載されている求人票で「女性が活躍中」といった文言が書かれているのを目にしますが、このような企業は女性が働きやすい企業と考えてよいものでしょうか。

求人票や企業WEBサイトから拾える情報で、その企業が女性の定着と働きやすさを考えているかどうかを見分けるポイントがあれば教えてください。
 
A
入社してから「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、事前に知っておきたい重要な情報かと思います。ただ、女性に限ったことではありませんが、定着率や働きやすさに関して事前に求人票や企業のWEBサイトで確認できる情報はかなり限定的かと思います。

そもそもどういう条件が働きやすいのかという前提が個々人で違いますので、ご自身が気にされるポイントを人材紹介会社や、自身で面接の場を通じて確認していくことが重要ではないかと思います。

男女が平等に評価を受けられる企業なのかどうかを確認する上では「女性の管理職の人数」「構成比」などを確認することが有効かと思います。出産などを経ても働きやすい環境であるかどうかは「過去の育休取得や復帰の実績」「急な休みや早退に対してどの程度周囲のサポートが受けられるのか」などが聞けると安心かと思います。他にもご自身が気になっている点や具体的なケースについては、人材紹介会社を頼っていただければ良いのではないかと思います。
 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む