30代
profile 中小企業の経理部で働く32歳の男性。経理求人の面接に行ったところ、経理に軸足を置きつつも実際は複数の役割を兼ねるポジションだった。業界によってこのような企業は多かったりするのか、知りたいと思っている。 
Q
中小企業の経理部で働く32歳の男性です。転職を考えており、先日、自己応募で小規模な建設会社の経理求人に応募し面接に行きました。面接の場で話を聞いていくと、ゆくゆくは現場にも出ていき、職人さんや鳶職の方々の取りまとめをする現場監督も兼ねるといった職務内容でした。経理に軸足を置いているとはいえ、これを聞き自分にはできる気がしなかったので辞退しました。

このように経理でありながら、現場での仕事であったり営業であったりのフロント職も兼ねなくてはならない企業は他にもあるのでしょうか。わたしが面接に行ったこの企業が特殊なのでしょうか。業界によってこのようなパターンが多いところもあるのであれば、その業界も教えてください。
 
A
確かに経理とはいえ、他職種との兼務を期待される求人も存在します。ただ、それは人事や総務、経営企画、IRといった管理部門系職種であることがほとんどです。営業や開発などを含め、現場の実務と兼務を期待されるという求人はほぼ聞いたことがありません。

しかしながらこれは「弊社のような人材紹介会社に寄せられる求人としては」という前提においての話です。社員数100人の企業規模であればしっかりと組織が分かれている場合がほとんどですが、世の中には社長が営業から経理まで何でもやっているという企業も珍しくありません。

そう考えると、企業規模が小さくなればなるほどこのような事例は増えると思います。そして零細企業の求人はハローワークなど無料で採用できる手段に多くが集中します。専門性を持った転職をご希望であれば、人材紹介会社を有効に活用してみてください。
 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む