20代
profile 上場企業に転職したばかりの29歳男性。職場環境になじめず、転職は失敗だったと感じている。再度転職するのか、いまの職場でやっていくのか、どのような道を選ぶべきか相談したいと思っている。 
Q
29歳の男性です。この度、中小企業の経理から上場企業の経理部にスキルアップの転職をしました。

しかし、転職後3ヵ月ほど経つものの経理部内の派閥などになじめず、またそういった派閥間の水面下での争いやその状況を放置する上司への不信感など人間関係全般に悩み、人間不信に陥っている状況です。愚痴をこぼせる仲のよい同僚もいません。

以前の職場の時は積極的に簿記の勉強にも取り組んでいたものの、今ではまったく手につかず毎日が憂鬱です。出勤途中や仕事中、なぜだか悲しくて涙が溢れることもあります。

この職場に来てようやく仕事を決める際に必要なのは、単に自分のキャリアに必要なことだけを考えるのではなく、組織を形成する人たちを含めた周りの環境の大きさに気づきました。

前の職場の仲間には自分勝手な「スキルアップしたいから」という理由でやめてしまったことで、いまになって申し訳ない気持ちが膨らみ、この悩みも話せていません。

転職エージェントの場合、このような転職失敗の事例も見てきているかと思いますが、この状況をいかにリカバリーするか(再度の転職なのか、いまの職場でなんとかやっていくのか)、よい事例や案、気持ちの持ち方があればご教示ください。
 
A
なかなか正解といえるようなアドバイスが難しい事例だと思いますが、質問者様の精神的な負担は一日も早く取り除くよう、先ずは何かしらの行動に移したほうが良いと思います。いくつか思いつく選択肢をお話しいたしますので、一番現実的な方法で改善に向けたアクションを取っていただければと思います。

選択肢 ①まず一つ目です。少しでも今の組織で頑張っていこうというお気持ちがあるのであれば、ある程度「社内の立場の高い方に相談する」ことだと思います。ご質問を拝見するに、派閥というのは経理部内の話であり、「その状況を放置する上司」とあるように、メンバー間の問題なのではないかと思います。

まずは直属の上司に、いかに質問者様が思い悩んでいるかという問題の程度の大きさを理解してもらった上で、解決に向けた行動をお願いしてみてはいかがでしょうか。あまり親身になってもらえないということが明確なのであれば、更にその上の上司に相談をするなど、一人で思い悩んでいるという状況を改善すべきかと思います。

選択肢 ②二つ目ですが、現職に残るお気持ちが無いのであれば、職場を変えるしかありません。職場の選択肢は非常に多くありますが、その中でも一番に検討すべきは「前職に戻る」という選択になります。前職の方々に対しては後ろめたい思いをお持ちのようですが、古巣に戻るというキャリアを積んでいる方も意外に多いです。退職時に直属の上司だった方に一度相談してみてはいかがでしょうか。「他の職場を経験してみて、あらためてこの会社の良さを思い知った」と言われて悪い気がする方はいないと思いますし、ご自身が思っているほどネガティブな受け止め方はされないかもしれません。

選択肢 ③三つ目ですが、前職に戻りたいという気持ちが無いのであれば、「あらめて転職活動を開始する」という選択になるかと思います。早期の転職について不安を感じられるかもしれませんし、実際に転職活動を通じて「ちょっと嫌なことがあると辞めてしまう人」というレッテルが張られてしまう場面もあるかもしれませんが、在職期間よりも辞めた理由に注目し共感してくれ、受け入れてくれる企業は多くあると思います。

他にもいったん休職や退職するという選択肢もあるかもしれません。一度医者にかかるなど、体調面においても専門家の意見を聞きながら進めてみてください。くれぐれもお一人で抱えてしまう時間が長くならないよう、一日も早く何らかの行動をお取りいただければと思います。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む