30代
profile 35歳、男性。上場企業の経理部に勤務。いまの会社でこのままやっていくか、転職するかで悩んでいる。 
Q
上場メーカーの経理部で働く35歳の男性です。経理部内での出世について質問させてください。

新卒の同期で入社したメンバーも係長になれる人、なれない人が出てくるなど、徐々に差がついてきたように思います。経理という仕事上、ミスなく正確でスピーディーに処理する能力があるというのは前提に、経理部内で出世するにはどのような性格、人柄、スキルや特性、経験が必要なのでしょうか。

わたしの会社ではリーダーシップの有無やコミュニケーション能力の有無は、出世には特に関係ないように思います。様々な企業の経理の管理職(部課長)の方々と接してきた転職エージェントとして、彼らに共通する何かに気づいていれば教えてください。
 
A
数多くの経理部長や取締役、CFOとお会いしていますが、あくまでも個人の主観としてこれらの方に共通する点を3つほど述べさせていただきます。

1 自分の役割の理解と実践

経営者、他部署、部内メンバーなど、他者が自分に求めていることを理解した上で役割を果たされていると感じます。そのためにはまず相手を理解する必要があるので、自然とコミュニケーションを取る頻度も高くなり、その積み重ねで社内の信頼を得てきたことが感じられる方が多いです。


2 経営者マインド

会社経営、組織運営に関与している意識が高い方が多いと思います。「決められた仕事を決められた期日までに正確に処理をすること」を自分の役割と思っている方が経理に携わる方には割と多いのではないかと思いますが、むしろ役割として決められていないことを自分の役割と感じ、自らが旗を振ったり上司の振る旗をサポートしながら、会社にとって前向きな影響を与えるような使命感を持って仕事をされているような方です。


3 知的好奇心の高さ

知的好奇心が高い方や、学ぶことの苦労を厭わない方が多いように感じます。仕事上の細かい論点は内部・外部の専門家に任せるとしても、「専門家と議論ができる広範な知識」や、その知識をもとに「問題点やリスクを見極められるような俯瞰の視点」を持っている方が多いように感じます。


もちろん他にも色々な要素はあると思いますが、管理職になってからこのような要素を兼ね備えたというよりは、こういった姿勢で仕事をしていることで管理職を任されているという方が近いと思います。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む