日商簿記 30代
profile 32歳、男性。中小企業の経理部に勤務。転職を検討中だが、あがり症につき面接時の対策で悩んでいる。
Q
中小企業の経理部で働く32歳の男性です。面接対策で質問があります。
もともと、あがり症の上に緊張しがちな性格で、面接の場などでは声が震えるほど
極度にガチガチになってしまいます。
 
想定していない質問などには上手く回答ができる気がしません。あがり症には場慣れが
有効だとよくいわれますが、普段から人前で話す機会なども特にありません。

転職エージェントの方でしていただける対策などは、あるのでしょうか。
 
A
なかなか難しいご相談ですが、場慣れといっても慣れる前に本命の企業の面接も入ってくるでしょうし、場慣れだけでは何ともならない問題かと思います。

全てとはいえませんが、弊社の場合は面接同席なども行っております。また、面接でどのような質問があるのかなど、企業ごとに対策を行うことも可能です。質問が分かっていれば事前に準備もできるので、少しは緊張が和らぐのではないかと思います。

ただ、これでは本質的な解決にはなっていないと思いますので、エージェントを使わずにご自身で直接応募をされるケースなども想定して1つアドバイスをさせていただきます。


いくつか面接で話したいテーマを決めておき、それに備えて準備を行ってみてはいかがでしょうか。例えば、「自分の長所」「自分の短所」「普段の業務で気をつけていること」「今後目指したい姿」「転職理由」「これまでに経験した困難とその乗り越え方」など、面接 質問”でWEB検索をすればオーソドックスな質問はあらかじめ想定できると思います。

その上で、「あなたの長所は何ですか?」「他の人と比較をしてあなたの強みは何ですか?」「弊社に入社をして何が貢献できますか?」のような質問がきた場合は、自分の長所として準備をした話をするわけです。このように、どんな質問がきてもあらかじめ準備をしたいずれかの話をすればよいような状況を作っておけば少し安心できるのではないかと思います。

面接を受けるたびに答えられない質問が出てきてしまったら、それは次回面接の糧としてまた事前に答えを準備をしておけば、必ずどんな質問にでも答えられるようになると思います。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む