30代
profile 32歳、男性。上場企業の経理部に勤務。経験2社。 
Q
上場企業の経理部で働く32歳の男性です。いくつかの担当替えの後、現在は
連結決算の担当をしています。結婚を控え転職を考えていますが、その理由は
現在(また将来にわたって)の「給料の低さ」にあります。業務内容には特に不満は
ありません。
 
そのような理由をこれから受ける企業の面接で正直に言ってもよいものでしょうか。
上手い言い換え方があれば教えてください。
 
A
退職理由はできる限り具体的に伝えた方がミスマッチにならないので、面接ではっきりおっしゃられた方がよいと思います。

その場合に必ず現年収について質問されると思いますが、その金額が入社を希望している企業や一般的な同世代の平均年収に比べて低い場合は納得感を持って受け入れられると思いますが、そうでない場合はおそらく不合格という結果に繋がると思います。

不合格といっても質問をオブラートに包んだ結果、現職と同等の年収水準の企業に転職してしまっては本末転倒ですので、それはそれで双方にとってよい選択になると思います。

ただし、この場合のポイントとして採用側企業が見極めたいと思うのは、「その企業の年収水準自体が低いのか」、「個人の能力や評価が低い結果として年収が低くなってしまっているのか」だと思います。

何かエピソードなどを交え、決して自身の評価が低い訳ではないということは伝えられるようにしてください。
 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む