20代
profile 29歳、男性。中小企業の経理部に勤務。経験1社。 
Q
29歳、中小企業の経理部で働く男性です。現在転職を考えており、採用条件などを検討した上で受けようと思っている何社かのうち、建設会社が1社、建物解体工事会社が1社あります。

建設業界には「建築業経理士」といった資格があることから、一般企業とは経理の仕組みが違うことはぼんやりと知っています。 具体的に、どのくらい経理の基準は違うのでしょうか。いままで未上場の企業での経理経験しかないわたしが、OJTで対応できるのでしょうか。

また建物解体工事の会社も建設会社と同じように、一般企業と経理の基準は違うのでしょうか。 
A
結論から申し上げますと、根底にある経理の基準はそれほど変わりません。建物を作って販売する建設業界は、モノを作って販売する製造業に経理の考え方は近いかもしれません。

ただ、建設業界は建物の完成までの期間が非常に長期にわたることなどから、それに伴い費用と収益を対応させるためのルールなどに独特の領域があります

当然同業界出身の転職者は即戦力として歓迎されやすいですが、他業界での経験を評価してもらえないということではありませんので、あまり気にしなくてもよいと思います。金融業界はその業務の特殊性から、転職先として選ぶ場合もこの業界から他業界に行く場合も注意が必要です。

特に希望する業界があれば優先的に受けた方がよいですが、給与の額や待遇面を重視されているのであれば、業界はあまり気にせずにお選びになるのがよいと思います。


金融庁 EDINEThttp://disclosure.edinet-fsa.go.jp/

こちらのサイトで上場企業などの決算書が閲覧できますので、建設業や金融業と他の業界における決算書を見比べてみてください。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む