日商簿記 20代
profile 28歳、男性。中小企業の経理部に勤務。経験1社。日商簿記2級を保持。 
Q
中小企業の経理部で働く28歳の男性です。現在の上司(30代後半)と折り合いが悪く、
日々ストレスが溜まっています。

異動の申請をするにも会社に経理部は一つしかないため、いまの経理としてのキャリアを
続けるのならば転職するしかないかなという気がしています。
 
つぎの転職先としては、大手企業(いくつも事業部があり、その事業部ごとに経理部が
あるぐらいの規模)で考えています。そもそもの話として、それぐらいの規模の企業では、
もし今回のように上司や同僚との折り合いが悪い場合など、異動の検討などをしてくれるのでしょうか。
 
現状としては、やはり転職を考えるしかないのでしょうか。また、大手企業内の経理部間での
異動の有無やしやすさなど、ざっくりした傾向でもいいのでわかれば教えてください。
 
A
おっしゃるように大企業であれば事業部経理や支店経理といった役割の方がいらっしゃる企業もあり、人間関係の悪化を理由に異動が叶うケースも場合によってはあるかもしれません。

ただ、現実的には適正人員数を超えた受け入れが難しいことを考えれば、経理に限らず社内で欠員が出ているポジションへの異動となってしまう可能性も低くはないと思います。

また、業務的にも本社経理と事業部経理では業務範囲が異なるので、中小企業であっても大企業であっても本社経理でなければ経験できないことは多くあると思います。

質問者様が経理職としてのキャリアを意識されているのであれば、本社経理としてのキャリアを積まれることをお薦めいたします。その上で、異動が実現できる可能性がある転職先の選び方について、2つほど選択肢をお伝えしたい思います。


① 経理部門の中でもいくつかのチームがあるような企業

単体、連結、管理会計、税務、財務など、大企業であれば経理部が複数の組織で構成されている企業がほとんどです。入社から定年まで異動のない組織も稀にありますが、面接ではローテーションの有無などを確認するとよろしいかと思います。


② 国内外を問わず子会社を複数持っているような企業

特に新たな子会社の設立やM&A
により子会社が増えるようなケースでは、社内の異動(出向)が叶わずに求人が発生するようなことも多くあります。勤務地が大きく変わってしまうこともありますが、M&Aに積極的な企業などは異動が叶う可能性は大きくあると思います。

いずれにしても即座に人間関係を理由にした異動が叶うかどうかは何とも言えませんが、数年単位で定期的にローテーションが行われている企業などもありますので、この辺りは面接を通じて確認していただくとよろしいかと思います。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む