30代
profile 34歳、女性。一部上場企業の経理部に勤務。経験1社。​
Q
老舗メーカーの経理部で働く34歳の女性です。1年前に結婚をし、そろそろ子どもが欲しいと思っています。

いま働いている会社は、総合職正社員として入社した女性であっても出産を経験すると、同じ経理部の職場に復帰はできるものの、責任のある仕事は任されなくなってしまいます。

出産・育児休暇後も一線で働きたいと考えているので、転職も検討しています。この場合の出産のタイミングは、転職前と転職後のどちらがよいでしょうか。また、大手企業や女性社員の比率が高い企業の方が、女性の働きやすい環境が整っているのかどうかも、あわせて教えてください。 
A
出産を機に退職をし、その後仕事に復帰をしたいと弊社に登録いただく求職者の方も多くいらっしゃいます。

保育園にお子さんを預ける方が大多数なので、どうしても転職先を探すうえでの必須条件に「保育園に迎えにいく時間」が加わります。延長保育をしない前提であれば、多くの企業における定時まで仕事をすると、お迎えに間に合わなくなってしまうため、「入社時から時短勤務が可能」「フレックス制度が利用できる」などが優先度の高い条件として挙がってくるかと思います。

それ以外に「通勤時間の短さ」「急なお子さんの発熱などで休みが取れる体制にあるかどうか」なども重要な条件になります。こういったことに希望の業務や役職、年収などの条件が加わりますので、結果的に転職活動は非常に苦戦・長期化します。

こういったことを踏まえると、転職のタイミングは出産前、つまり今のうちに探されることをお薦めします。現在の職場も出産後に復帰される社員の方が多いのであれば決して女性が働き難い職場ではないようにも思いますが、質問者様の志向でいうと、大手かどうかや女性比率の多寡よりも、管理職に占める女性比率などを重視されるとよいかもしれません。
 

経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む