日商簿記 20代
profile 28歳、男性。大学卒業後、経理職としてサービス業の企業に勤務。以前に、税理士試験の勉強をしていた経験あり。 
Q
サービス業の経理部で働く28歳の男性です。現在、日商簿記2級は持っていますが、税理士もしくは公認会計士の試験に向けて勉強をしたいと思っています。 勉強をする理由は、会社の仕組みや、経営がどのようにになっているかの理解とスキルアップのためです。どちらの資格がお薦めでしょうか。 
A
公認会計士は、簿記などの会計のみならず、企業法や租税法、経営学、経済学など幅広い分野が試験科目になりますので、ゼネラリスト志向の方に向いている試験かと思います。

税理士は、簿記論、財務諸表論を除けば、個別の税法についての勉強となりますので、税のプロフェッショナルとしてキャリアを積みたい方に向いているのではないでしょうか。

将来ご自身がどのようなキャリアを描いていきたいのかによって、ご判断ください。 

経理の求人 »

経理の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後は新規事業の立ち上げや、人材ビジネス業界での管理職として法人営業、社員育成に携わる。会計業務の請負なども経験する中で、より会計・経理・財務分野のプロフェッショナルに専門性を持って人材ビジネスに携わりたいという想いから弊社へ入社。人材ビジネス業界での長いキャリアから、キメの細かいサポートに強みを持つ。

【専門領域】
・流通、小売(食品、医薬品、化粧品)
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む