30代
profile 32歳、男性。職歴2社。会計事務所から未上場企業の経理へ転職し、経理経験は約7年。 
Q
会計事務所を経て、一般事業会社の経理部で働く32歳の男性です。面談時の
志望動機は重要と聞いていますが、どのようにまとめればよい志望動機となりますか。
 
A
志望動機はとても重要です。つい「紹介会社に案内をされたので」と言いたくなりますがそれはNG。何としても入社したいという思いを持って受験しているライバルがいると、想像してください。

企業としては、「ぜひ入社したい」という熱意のある方を採用したいと思うのは、当然だと思いますので、志望動機がしっかりしている方は、それだけで内定に近づきます。

まとめ方のコツは、① 会社の魅力(前半)と ② 業務の魅力(後半)を、バランスよく組み立てることになります。

①については、扱う製品やサービス、会社の取り組み、財務状態、成長性などのうち、よいと感じたことと、②については、募集ポジションで行う仕事のやりがいや、活かせる経験、ご自身が描くキャリアとのマッチなど、となります。

このようにお話いただくと、企業研究もよくできていて、意欲的な人材であると面接官は感じると思います。 

経理の求人 »

経理の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む