20代
profile 28歳、男性。商業高校卒。一般企業で経理と総務を担当して、約10年。
Q
28歳、男性です。税理士を目指して、勉強を始めようと思いっています。
ただ、税理士業界自体が斜陽という話もよく聞く一方、相続対策などの
ニーズは多いとも聞きます。

これから税理士業界は、どうなっていくのでしょうか
 
A
税理士は受験者数が年々減少傾向にあり、若手の税理士が不足しています。

会計事務所についても、高齢の所長の後を継ぐ人材がおらず、事務所を畳んでしまうケースも出てきております。このような背景から、若手税理士は希少性が高いため会計事務所のニーズは高く、引く手あまたになる見込みです。

また、企業内でご活躍する税理士もおり、科目合格者でも企業の方の採用ニーズは高まってきているのが現状です。逆に、単純な記帳代行的な業務を行っている税理士は競合が多いため、差別化を図ることが難しくなっている状況にあると思います。 

税理士の求人 »

税理士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む