税理士試験科目合格 30代
profile 38歳、税理士事務所に勤務していた男性。メンタルの調子を崩し、現在は休養中。引継ぎをせずに、前の職場を辞めてしまったことを気にしている。
Q
税理士事務所で働いていた38歳の男性です。すべての税理士試験科目に受かっていないので税理士ではありません。

メンタルの調子が悪く、しばらく出社できない日が続き、けっきょく引継ぎなどもしないまま事務所を退職してしまいました。

半年ほど家で休養を取り、ようやくまた働けそうなぐらいまでに快復してきたため、再就職を考えています。以前の職場の辞め方が自分で思い返しても酷いので、税理士の界隈で自分の悪い噂が流れていないか不安です。このようなことは、税理士の横の繋がりで共有されてしまうことはあるのでしょうか。
 
A
恐らく当時は頭では分かっていても丁寧に引継ぎを行うことができなかったのではないかと思います。もしかしたら今でも所長の怒りは収まっていないかもしれませんし、時間を取ってくれることも無いかもしれません。

ただそれでも、一度非礼を詫びたいということを伝え、当時は精神的にも辛かったという状況を伝えるとともに、謝罪の場をつくっていただくことを誠意をもってお願いした方が良いと思います。やはり狭い業界なので、どこで悪い噂が流れてしまうかもわかりません。それ以上にご自身の中で恐らく後悔として残っている感情をスッキリとさせた上で転職活動に臨まれたほうが良いでしょう。


 

税理士の求人 »

税理士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む