20代
profile 26歳、男性。メーカーで営業部に所属。税理士試験に挑戦中。
Q
現在、一般企業の経理部に所属している28歳の男性です。働きながら税理士資格を取ろうと考え
平日の夜に大学院に通い税法を学んでいます。近々転職活動を始めるにあたり、履歴書の書き方で
質問があります。
 
通常、履歴書には学歴と職歴は分けて書くかと思いますが、わたしのように働きながら大学院に通っている
場合、このあたりの記載がわかりにくくなるような気がしています。「現在は働かずに勉強に専念している」という
印象をあたえかねないと心配しています。
 
これを避けるため、大学院に通学していることは履歴書の学歴欄に書かない方が賢明でしょうか。それとも
何かよい記載方法があれば教えてください。
 
A
結論から申し上げますと、履歴書には事実の通りに大学院の入学年月を記載してください。

在るものをないように記載することも、ないものを在るように記載することも事実とは異なりますので、経歴詐称と言われるおそれがあります。質問者様と同じように仕事と学業を両立している方は他にもいらっしゃいますが、いったん仕事は休職して学業に専念している方も多くいらっしゃるため、そういった方と混同されないように記載する工夫は必要かと思います。

例えば、職務経歴書の自己PR
欄や現職の職務内容などに、「現在も業務を行いながら大学院に通っている」ということが伝わるような一文を明記されてみてはいかがでしょうか。 

税理士の求人 »

税理士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む