20代
profile 28歳、男性。大学卒業後、個人事務所に入所。 
Q
28歳の男性です。個人経営の税理士事務所で働いています。税理士法人への
転職を希望しています。

面接時の質問が思い浮かびません。どのような質問をしたらよいのでしょうか。また、
質問する際の数としては、いくつくらいがよいのでしょうか。
 
A
質問は難しく考えず、まずは思ったことをメモに残すなどしていただくと、よいかと思います。

質問が浮かばないということは、その法人に対して興味が無いということにもなります。質問の数が多ければ良いということも無いので、メモをした中から特に聞きたいものをご用意いただくとよろしいかと思います。

例えば、「入社後はどういった企業を担当させてもらえるのか」「事務所内とクライアント先の業務は、どいういった割合か」など、入社後の業務をイメージすると割と質問が思い浮かびやすいかもしれません。 

税理士の求人 »

税理士の転職 »

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、商社系の旅行会社に入社し、商社の旅行の手配や新店舗の立ち上げに従事。その後、大手の資格系の学校で、資格やその勉強で得た知識を活かした就職や転職支援業務に携わる。会計や監査法人業界に詳しく、多くの会計事務所や税理士法人との太いパイプを構築してきた。信頼関係を築くことからコンサルティングを開始し、その人の志向性や素養に合致したさまざまな提案を行うのが信条。趣味は鉄道旅行。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業



経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む