事業会社と会計事務所で悩み、最後は直感を信じて選択

U.Zさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
会計事務所
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
飲食業
職 種 /
経理
年 収 /
400万円

POINT この転職のポイント

以前弊社エージェントをご利用いただいた方からの紹介でご登録へ

業務スキルとともに後輩への指導力を要する求人がマッチ

エージェントは会社側に、採用したい人材の見直しをご提案

ワークライフバランスの実現と年収アップを求めて転職活動スタート

現在、会計事務所で5年間勤務しているZさん。30社ほどの中小企業を担当し、記帳代行から決算業務、税務申告業務などに従事しています。
クライアントと積極的にコミュニケーションを取って信頼関係を築くことに努め、新たなクライアントを紹介されることもあったとか。事務所内ではチームリーダーとして後輩3名の育成にも力を注いでいます。

Zさんは仕事内容にやりがいを感じていたのですが、多くのクライアントを持ちながら後輩指導にも対応することで残業時間が増え、次第に仕事と家庭の両立について悩むように。よく考えた結果、ご家族との時間を大切にしようと転職を決意したそうです。

Zさんは転職するに当たって、少し前に同じ事務所から転職していた方に相談しました。その方は転職時に弊社をご利用いただいており、結果的にはご自身で応募した大手企業に転職されていましたが、当時対応させていただいた弊社エージェントをZさんにご紹介くださったそうです。

ご自身のスキルを生かせる、大阪のフードサービス会社に応募

Zさんは担当エージェントに、今回の転職で、ワークライフバランスを実現し、なおかつ年収もアップさせたいと希望しました。
これまでの経験を生かせるのであれば、会計事務所か事業会社かのこだわりはないとのこと。

とはいえ現在30社分の記帳代行を受け持っているため、一つの企業に深くかかわってみたいという思いもあるとお聞きし、エージェントは事業会社の求人を中心にご紹介させていただきました。
また、Zさんのスキルをより生かすには、業務が縦割りになりがちな大手企業よりも、一人で一通りの業務を任せられる中小企業だと考えました。

エージェントは、大阪のフードサービス業をご紹介しました。退職する社員の後任ポジションの募集で、日常経理業務から年次決算業務、さらに税務申告の実務経験がある方というのが応募要件です。業務スキルとあわせて、後輩への指導力が求められているという点でもZさんにぴったり合っていました。

残業がほとんどなく、年収も50万円ほどアップするということでZさんは求人に興味を持ちました。こちらの会社が運営する飲食店の一つを日頃から利用していたことで、親近感も感じていたそうです。

そこでエージェントは「Zさんはクライアントからお客さんをご紹介されるほどコミュニケーション力の高い方ですし、後輩指導にも慣れています。
ぜひ面接して人物面をご覧になってはいかがでしょうか」とご提案し、面接が決定しました。

面接で話した上司の方と「一緒に働きたい」と感じ、入社を決める

一次面接を順調にパスして、二次面接に進むことになったZさん。実は他社経由で会計事務所にも応募しており、そこで提示されている条件はワークライフバランスが取れているとはいえないものの、年収が大きくアップする点が魅力です。
すでに二次面接を終え、先方の対応にも満足していました。

「両方採用になれば会計事務所の方を選ぶ可能性が高い」と考えながら、弊社がご紹介した事業会社の二次面接に臨んだZさん。
面接を担当した現場の責任者の方と思いのほか話が合い、「この方と一緒に働きたい」と直感。慎重に検討した結果、事業会社への入社を決めました。

Zさんは決心する前に、弊社にZさんをご紹介くださった方に再度ご相談されました。その方から、「自分は会社の知名度や条件で選んだが、面接時の直感を信じて、働きたいと強く思った会社に行くべき」とアドバイスされたことも、選択に大きく影響したと打ち明けてくださいました。
その方が「こちらを選べば良かった」と思った会社こそが、弊社エージェントがご紹介した会社だったそうです。

Zさんを通じて、以前転職活動のお手伝いをさせていただいた方と再びつながったように感じたと言うエージェント。「この方のおかげでZさんにお会いすることができたわけですし、今回はあらためて"人とのご縁"の大切さを実感しました」

担当エージェント

エージェント紹介

地方大学を卒業後、教育業界に携わり、一旦は独立。
その中で企業の資産は人であると考え、当社に入社。
求職者だけでは見つけられない道も含め、包括的に提案することをモットーにして、企業と登録者に新しい視点を提供している。

【専門領域】
・上場準備中企業、IT企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号