温かい雰囲気の中で安心して働ける職場に転職

I.Aさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
卸売会社
職 種 /
経理
年 収 /
480万円

転職後

勤務先 /
人材紹介会社
職 種 /
経理
年 収 /
430万円

POINT 転職成功のポイント

職場環境の改善と経理スキルを磨くために転職を決意

上司が温かく落ち着いた雰囲気の職場を紹介

面接時に登録者が抱いた不安をエージェントが丁寧に対応

職場に対する不満とスキルに対する不安

上場企業の子会社で働いていたAさんが転職を考えるようになった理由は、大きく2つありました。1つは、親企業からの出向により上司が頻繁に入れ替わり、そのたびに方針が変更、落ち着いて仕事に取り組める環境ではないこと。もう1つは、自分のスキルに対する不安でした。Aさんは連結決算業務にも携わっていましたが、実際には上司の指示通りに業務をこなしているだけであり、このまま働き続けていても、高いスキルを身に付けることができないという危機感を抱いていました。

そこで落ち着いて働くことができ、なおかつスキルを磨ける職場を求めて、転職活動に取り組むことにしました。

面接を受けながら転職のイメージを固めていく

具体的な転職先については、大企業のジョブローテーションの中でさまざまな経理経験を積みながら、少しずつスキルを伸ばしていく道を選択すべきか、最初から幅広い経理業務に携われる中規模の会社を選ぶか、それともベンチャー企業がいいのか、進路が定まらずにいました。そこでAさんには、いろいろな会社の面接を受ける中で得た直感を大切にしながら、行きたい会社を絞り込むようにアドバイスしました。

私がAさんに紹介したのは、上場企業のグループ会社。上司になる経理部長の人柄は人間味があり温かく、同社であればAさんも落ち着いて働けると判断したからです。また当社と同社の付き合いは長く、社風や内部事情をよく知っていたことも、自信を持って紹介できる理由でした。

また、同社の経理部門の規模はそれほど大きくありません。そのため最初から幅広い経理業務に携わることになりますが、経理部長をはじめとした先輩スタッフが丁寧に教えてくれる体制が整っている安心感もありました。

会社が求めるスキルと現実のスキルのギャップ

面接で先方は、Aさんの経験や意欲を高く評価し、無事に最終面接まで進みました。ところが、最終面接を前にして、Aさんの中で不安が膨らんでいきました。それはスキルに自信が持てず、「会社が求めている働きができないかもしれない」というものでした。

そこで私は、先方にAさんの不安を伝えました。すると先方から「もし入社後にできないことがあったとしても、フォローするから大丈夫です」という言葉があり、Aさんはそれを聞いて不安なく最終面接を受けることができました。

こうして迎えた最終面接をAさんはクリアし、無事に内定を得ました。並行して他社でも選考が進んでいましたが、同社の経理部門の温かい雰囲気と、自分のことを必要としてくれているという実感が、会社を選ぶ決め手となったそうです。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号