知名度よりも安定性を重視して転職先を選ぶ

T.Yさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
コンサルティング
年 収 /
450万円

転職後

勤務先 /
消火設備機器メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
360万円

POINT この転職のポイント

経理職として自社の数字を扱える仕事がしたい

知名度は高くないが安定性の高い会社を紹介

志望理由を入念に準備した上で面接本番に臨む

簿記や会計の知識を持っていたことが有利に働く

Yさんは20代後半の男性です。大学卒業後、メーカーで営業職として働くうちに、経営に関わる数字に興味を抱くようになりました。そこで、企業がM&Aを行う際に指標とする企業評価を手掛ける会社に転職し、株式価値算定業務に携わっていました。しかしそのうちに、他社の企業価値を数字で評価する仕事ではなく、「自らの会社の経営を数字の面からサポートする」仕事に就きたいという思いが強くなりました。そこで再度転職をすべく、当社にご登録されました。

現在の職場で取り組んでいる株式価値算定業務には、経理職と同様に簿記や会計の知識が不可欠であることもあり、Yさんは日商簿記2級の資格を取得していました。Yさんは経理職としては未経験者ですが、転職に当たり、その点は有利に働きました。

会社を探す前に志向性を明らかにする

Yさんに紹介したのは、消火設備機器を扱っているメーカー。ニッチな業界ですが、リーディングカンパニーです。消火設備機器はあらゆる施設に必要となる設備であり、一度設置したら終わりではなく、定期的なメンテナンスや機器の取り替えが発生します。そのため、景気の浮き沈みの影響を受けにくく安定性の高い業界といえます。

同社をYさんに紹介したのも、その安定性の高さが理由でした。当初Yさんは転職先に対して、具体的な希望を待っていませんでしたが、面談を重ねるうちに言葉の端々から見えてきたのは、強い安定志向。同社は知名度こそ低いものの、経営は堅実であることをYさんに説明したところ、応募を希望されました。

「その会社で何がしたいのか」をしっかりと考える

面接対策で注力したのは、入社後、会社にどのように貢献していきたいかを具体的に話せるようにしておくことでした。転職希望者の中には、転職動機について話せても入社後どのように働いていきたいかを伝えられない人が少なくありません。だからこそ、その点をきちんと説明することで、面接担当者に意欲の高さを印象づけることができます。

Yさんは十分に準備をした上で面接に臨み、「5年後には業務を一人で回せるようになり、10年後には後輩や部下を指導できる立場に就きたい。20年後には会社の経営層に近い立場として、経理だけではなく財務の面でも力を発揮したい」と、長期的なスパンで会社にどのように貢献したいかを話したそうです。

Yさんは無事内定を得ることができ、当初の目的であった「自らの会社の経営を数字の面からサポートする」仕事に向けて、新たな一歩を踏み出しました。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号