性格に合ったアットホームな会社を紹介

F.Mさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
IT企業
職 種 /
経理
年 収 /
450万円

転職後

勤務先 /
飲食業
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

POINT 転職成功のポイント

ベンチャー的な雰囲気が合わず転職を決意

飲食業界の会社には難色を示す

転職回数の多さをエージェントがフォローして内定を得る

性格に合った長く勤められる会社を希望

Fさんは外資系のベンチャー企業に勤めていましたが、会社の社風が仕事のスタイルに合わないという悩みを抱えていました。Fさんはやるべきことを完全に理解した上で、一つ一つ堅実に業務を行いたいタイプです。一方、会社側は堅実性よりもスピード感を求めていました。そのため徐々に上司との折り合いも悪くなり、転職を決意しました。

転職先に対するFさんの希望は、「社風や仕事の取り組み方が自分に合う、長く勤めることができそうな会社」でした。Fさんはこれまで4回転職をされていました。勤務期間が短かった会社はいずれもベンチャー色の強い会社でした。Fさんの堅実で温和な性格や、転職に至った経緯を考えると、アットホームな雰囲気の会社が合うと考えました。

飲食業に対して持つネガティブな先入観

Fさんに紹介したのが、チェーン展開をしている飲食業の会社です。同社では、各店舗の売り上げの集計などを任せられる経理スタッフを募集していました。アットホームな社風であり、また経理部の社員数が多く、サポートを受けながら一つ一つの業務を理解しながら取り組むことができる会社です。

しかしFさんは、飲食業界で働くことに抵抗がある様子でした。業界に対して、福利厚生が充実していない、組織体制が脆弱など、ネガティブなイメージを抱いていたのです。しかし同社は、一時は上場に向けて準備をしていたこともあり、組織体制は他の業界と比べても遜色ありません。そのことをFさんにしっかりと説明しました。

転職回数の多さをエージェントがフォロー

Fさんは転職回数が多く、書類選考の段階で会社側が見送りを判断する可能性が十分にありました。そこで、私は書類を出す段階で先方に電話し、これまでの退職や転職の経緯を説明し、社風とFさんが合うことを伝えました。

一方、Fさんには「面接時には退職や転職に至った理由を正直に話してください。下手に自分を良く見せようすると、話した内容と実像がずれ、結果的に相手の心証を悪くします」とアドバイスしました。

面接後、会社側からは「お人柄も素晴らしく、事前に聞いていた通りの人でした」という評価をいただきました。Fさんも飲食業に対して抱いていた先入観が消え、入社したいという気持ちが強くなっていました。その後、二次面接と最終面接を追加し、Fさんは内定を得ることができました。

すでに同社で働き始めているFさんから「前向きに仕事に取り組んでいます」という連絡をいただきました。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号