年収増やワークライフバランスの充実を求めて転職

A.Aさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
小売業
職 種 /
経理
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
建設会社
職 種 /
経理
年 収 /
500万円

POINT 転職成功のポイント

結婚を機に年収などの待遇面の改善を図るために転職を決意

日商簿記1級取得者であることを武器に大手建設会社に応募

エージェントが面接や試験の対策として具体的な情報を提供

希望条件を全て満たしている会社を紹介

結婚を機に、生活の安定やワークライフバランスの充実を図りたいと考えていたAさん。前職の会社では、まもなくマネージャーに昇進する予定でしたが、ほんの少額の年収アップしか期待できませんでした。そこでAさんは転職を決意しました。

転職先に対しては、年収が100万円以上アップすることや、休日が年間120日以上あること、残業時間は月20~30時間程度であることを希望していました。仕事内容やスキルアップよりも、完全に待遇面を重視していました。

そんなAさんに紹介したのは、大手建設会社です。同社はAさんが求める条件を全てクリアしていたからです。

求める人材像に対して年齢や転職回数がネック

応募に当たって、懸念点がありました。それは、Aさんが同社の応募条件を満たしていなかったことです。同社は、35歳ぐらいまでで会社勤務経験が2社以内の人を応募条件に掲げていましたが、Aさんは30代後半でこれまで3社の会社を経験。どちらも応募条件から外れています。

しかし、私はこれまでの同社との関わりから、同社が資格の有無を非常に重視していることを把握していました。難度の高い資格を持っている人であれば、会計や経理に関する理解度も高く、入社後の教育もしやすいという考えに基づくものです。

また私と担当者の間に信頼関係が築けていたので、Aさんの年齢や経歴をお伝えした上で、「簿記1級の有資格者であり、高いスキルをお持ちの方です。会ってくださいませんか」とお願いしたところ、承諾を得ることができました。

面接や試験の内容を事前に伝える

面接対策についても、過去に同社に登録者を何人も紹介してきたことが役に立ちました。面接ではどんな役職の人が、どのような質問をするかについて、過去の実績から情報を得ていたからです。特に同社の場合、面接では質疑応答よりも会社側からの事業説明や業務説明に多くの時間を割きます。また一次面接の際には、簡単な筆記試験や作文も課されます。その情報を伝えることで、Aさんはしっかりと準備をすることができたと思います。

面接後、Aさんは手応えがなかったようで「先方は自分のことをどう評価してくれたか、正直分かりません」という連絡がきました。しかし心配することはありませんでした。一次面接、二次面接ともに通過し、無事内定を得ることができました。

入社3カ月後ぐらいの時にAさんに連絡をしました。会社にも慣れ、元気に働いているとのことでした。

担当エージェント

エージェント紹介

大手金融機関一社で営業・営業統括・審査部門を経験し、その後弊社に入社。スピーディーでこまやかなフォローはご登録者・企業ともに信頼が厚い。取締役クラスから直接依頼を受ける求人も多く、意思決定者に直接推薦出来るネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号