遠距離通勤をやめて自宅近くで働ける会社を探す

M.Bさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
専門商社
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
税務、事務補助
年 収 /
300万円

POINT この転職のポイント

自宅から無理なく通える会社への転職を希望

求人を出してなかった事務所に声を掛けて面接を設定

事務所側の要望と登録者の希望がマッチング

求人案件は都市部に集中していて地方は希少

Bさんは配偶者の仕事の都合で、北関東の地方都市に住んでいます。そこから毎日2時間以上かけて、東京の会社に通っていました。しかし、通い続けることが大変なため、自宅から無理なく通える場所を拠点とする会社への転職を希望していました。前職の会社では5年間ほど経理業務に携わっており、その経験を生かしたいとのことでした。

Bさんの年齢は30代前半。経理スキルは日常的な経理業務を卒なくこなせるレベルでしたが、この年齢であればまだポテンシャル転職も十分可能です。ただし、求人案件は都市部に集中する傾向があり、Bさんの自宅から無理なく通える場所となると、かなり絞られます。実際に、Bさんが弊社に登録された時点では、紹介できる会社がほとんどありませんでした。

エージェントが直接事務所に交渉して応募の機会を得る

そこで私は一策を講じました。懇意にしていただいている東京の税理士事務所が、Nさんが無理なく通えるエリアに支所を出していたので、そこで採用してもらおうと考えたのです。同事務所であれば福利厚生面も充実していますし、定期的に税務に関する勉強会が社内で催されるなど、スタッフのスキルアップを支援する体制も整っています。自信を持ってBさんに推薦できる職場です。

そこでまずBさんにその一策を伝え、了承を得た上で同事務所に話を持ち掛けました。「Bさんは有名大学を卒業しており、地頭が非常に良いこと」「日商簿記2級の有資格者であり、基本的な経理のスキル身に付けていること」などを伝えたところ、面接の機会を得ることができました。

事務所側の条件を登録者も前向きに受け入れ転職成功へ

面接前に喫茶店で1時間、同事務所が提示した懸念事項の対策を行いました。同事務所は、Bさんに、税務だけでなく事務補助業務にも取り組んでもらうことを求めていました。この条件をBさんが受け入れられるかどうかがマッチングのポイントとなりました。Bさんは、税務と事務補助業務の兼務を受け入れ、私は「面接では、事務補助業務を行いつつ、税務のスキルアップも図っていきたいことを伝えてください」とアドバイスしました。

面接では一次、二次ともに、Bさんの人柄の良さを担当者が気に入り、また懸念事項への回答から前向きな姿勢が伝わり、トントン拍子で内定を得ることができました。
同事務所で、Bさんが成長されることを期待しています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、経理会計に特化した総合コンサルティング会社にて経理、営業に従事。その後、家業に従事したのち、一人でも多くの人が天職に就ける社会にしたいと願い弊社に入社。「転職活動は個人戦ではなく、家族、友人、そしてエージェントを巻き込んだチーム戦である」という思いを胸に、メーカーや急成長のベンチャー企業、第二創業期の企業など、さまざまな企業とのコネクションを築いている。

【専門領域】
・メーカー(電気、電子、半導体)
・ベンチャー企業、大手企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号