経理職を離れていた理由をうまく説明できず苦戦

I.Iさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
電気工事会社
職 種 /
電気工事士
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
サービス関連会社
職 種 /
経理
年 収 /
300万円

POINT この転職のポイント

経理職から電気工事士になるが再び経理職への転職を目指す

自己表現に課題があり一次面接での採用見送りが相次ぐ

エージェントと二人三脚で面接対策に取り組み内定を勝ち取る

仕事への意欲や能力はあるが自己表現に課題

Iさんは専門学校卒業後、大手引越会社に就職し、支店で経理業務に携わっていました。スキルアップのために本社の経理部への異動を希望しますが、叶わず転職活動を開始。Iさんは、手に職を付けたいという考えから電気工事会社に転職しますが、自分には合わない仕事だと気付き、経理職へ再びの転職を目指して弊社にご登録されました。

Iさんは転職活動で苦戦を強いられました。会社側は、経理職から電気工事士に転職し、なぜ再び経理職に戻ろうと思ったのかを問います。しかし、Iさんは相手が納得するような返答ができず、一次面接を突破できずにいました。

Iさんは前々職の引越会社では、社内の経理能力テストでトップクラスの成績を収めたり、業務改善案を提案して採用されたりなど、仕事に対する意欲や能力は十分にありました。それだけに、面接で自己を魅力的に表現する能力が課題でした。

電話やメール、対面での面接対策を繰り返す

そこでIさんと私は、電話やメール、対面での面接対策を始めました。Iさんに「経理職として何がしたいのか」「将来はどうなりたいのか」を言語化してもらい、それを私がフィードバックすることを繰り返しました。

このやりとりの中で見えてきたのは、「手に職を付けることで一人前の社会人になりたい」「年次決算ができるレベルのスキルを早く身に付けたい」「将来はマネジメントの仕事もやってみたい」というIさんの思いでした。面接時に、この思いを上手に表現して伝えられるよう、面接のシミュレーションも行いました。

将来の正社員採用を前提に契約社員として内定

こうした準備を重ねた上で臨んだのが、サービス関連事業を行っている上場企業と情報サービスを提供するベンチャー企業の面接でした。特訓の成果もあり、Iさんは自分の思いを具体的に話せるようになっており、どちらも一次面接は通過しました。

しかし、二次面接がうまくいきません。ベンチャー企業の一時面接を担当した経理部長に惹かれ、二次面接に臨みましたが「ロジカルシンキングができず不安がよぎる」という評価で落選。

続いて、上場企業の二次面接を受けました。Iさんは、深く突っ込んだ質問をされ、返答が途切れ途切れになってしまったようですが、役員からは「会話力に不安がありますが、意欲や能力の高さを感じました」という評価を得ることができました。経理職としてブランクがあることから、最初は事業部採用で契約社員として働き、数カ月後に経理職として正社員に登用するという形で内定を得ました。

Iさんが正社員になり、経理職としての専門性を磨いていかれることを期待しています。

担当エージェント

エージェント紹介

国立大学に入学するも2日目に退学を決意。IT系の起業に挑戦したのち、結婚を機に24歳のときに賃貸マンション・アパートの仲介を主業務とする不動産会社に営業職として入社。社内トップクラスの成績を収めた後にジャスネットに転職する。登録者の悩みや思いに耳を傾け、寄り添いながら転職のサポートをしていけるエージェントになることを目指しており、実際に多くの転職者から感謝の手紙が寄せられている。

【専門領域】
・不動産、建築・土木
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号