税理士事務所から事業会社への転職に成功

R.Wさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
税務
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
IT関連会社
職 種 /
経理
年 収 /
430万円

POINT この転職のポイント

事業会社で当事者として経理に関わりたいと考え転職

事務所での業務経験が生かせる会社を紹介

面接では会社に対してどんな貢献ができるかをアピール

コミュニケーション力などのソフト面でのスキルが高い

高校卒業後、税理士事務所で働いてきたWさんは、事業会社への転職を希望して当社にご登録されました。事務所のスタッフとして外側から会社の税理や経理を支援するのではなく、会社の中から当事者として関わっていきたいという気持ちが強くなったからです。

Wさんの経理や税務に関するスキルは、高くもなく低くもなく、年齢や経験相応といったところでした。Wさんが優れていたのは、ソフト面でのスキルです。これからどんなキャリアを積み上げていきたいか、ご自身の今を分析して未来のことをしっかりと考えていました。コミュニケーション能力も高く、相手の発言の意味を理解し、相手の感情にも配慮しながら受け答えができる人でした。

「大卒」という条件を覆して面接の機会を得る

私が紹介したのは、大手私鉄グループのIT関係の会社でした。同社は若手の社員を募集しており、「処理しなくてはいけない書類の量が多く、それに面食らわない人がいい」との希望がありました。それに対して私は、事務所経験がある人がいいのではないかと提案しました。事務所では毎日さまざまな会社の膨大な数の伝票を処理しなくてはなりません。その際、事務所経験が大きな武器になります。そして、Wさんに同社を紹介しました。

Wさんは、福利厚生なども充実している同社に応募できることに、とても喜んでいました。ただ一方で、高卒だということをとても不安に感じていました。
確かに同社は当初、大卒であることを採用の条件にしていました。しかし、私から「非常に高いポテンシャルをお持ちです。一度会ってください」とお願いし、面接をセッティングしていただきました。

何をやりたいかだけでなく会社にどんな貢献ができるか

面接に当たって、私からWさんにアドバイスしたのは、事務所の経理と事業会社での経理の違いについてでした。事業会社での経理では、経理業務をミスなく正確に遂行していくこと加えて、会社のお金の流れを最も把握している立場として、無駄なコストを省くなどの改善提案を行うことが、ポジションが上がるほど求められていきます。Wさんにはそれを踏まえて、「面接では自分が何をやりたいかだけではなく、会社に対してどんな貢献ができるかを意識しながら話すように」と伝えました。

Wさんの高いコミュニケーション力とともに、先を見据えながら物事を考えることができる力が高く評価されて面接を通過、内定を得ることができました。Wさんがこの会社で、新たなキャリアを築き上げていくことを楽しみにしています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、大手予備校で300人以上の生徒指導、校舎運営、スタッフのマネジメント、採用、研修等幅広い業務に携わる。大学受験から転職というより広い視野で人生、キャリアを決定する場面で、一人ひとりの方に最良のキャリアを提案したいと考え、弊社に入社。

【専門領域】
・教育、学校、IT
・株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二