学歴よりも経験や人柄重視の上場会社に転職

N.Yさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
会計事務所
職 種 /
税理士アシスタント
年 収 /
300万円

転職後

勤務先 /
不動産関連事業
職 種 /
経理
年 収 /
300万円

POINT この転職のポイント

今の事務所では昇給が見込めないため転職を決意

22歳にして一定の経理経験がある

登録者の都合に合わせてエージェントがオファー面談日を調整

転職先として上場会社か上場子会社を希望

Yさんは専門学校卒業後、会計事務所に就職。税理士のアシスタントとして、さまざまなクライアント企業の税務申告書の作成や経理・財務業務などを2年ほど行ってきました。けれどもなかなか年収が上がらず、今後も昇給の見込みがないため転職を決意。当社にご登録されました。

Yさんは新たな転職先として上場企業かその子会社を希望していました。難度が高い希望ではありますが、専門学校を卒業して2年ということは、大学4年生と同じ年齢です。上場企業の中には、まったくの未経験者である大卒新入社員よりも、22歳にしてすでに2年の実務経験を持つ人材を高く評価する会社もあるはずです。私は、そういった会社を探すことにしました。

先方が求める人材像とYさんの経験、人柄が一致

Yさんに紹介したのは、留守宅の管理などを手掛ける東証一部上場会社です。同社は学歴よりも経験や人柄を重視していました。Yさんは、前職の事務所での肩書はアシスタントでしたが、実際にはかなり責任のある業務を担当していました。また、相手を思いやる言動ができ、みんなから愛されるタイプでした。

そこでYさんに同社を紹介し、応募することが決定しました。私は、Yさんに会社の事業内容や社風、同社の採用担当者など、面接対策に必要な情報を伝えました。Yさんは、ご自身でしっかり準備をして面接は大成功。一次面接、二次面接ともにスムーズに通過することができました。

オファー面談の日程がなかなか決まらない

ところが二次面接が終わり、いよいよオファー面談を残すだけとなった段階で、日程調整に思わぬ苦労を要することになりました。Yさんは前職の事務所を退職して、新しい会社に移るまでの期間を利用して海外旅行を予定していました。本当はオファー面談が終わったあとに旅立つはずでした。ところが先方の役員のスケジュールがなかなか決まらず、やっと確定した日程が、Yさんの旅行のスケジュールとかぶってしまったのです。結局二次面接の終了日からオファー面談まで、1カ月ほど日にちが空くことになってしまったのです。

これには先方の採用担当者も難色を示しました。そこで、私は採用担当者と交渉を重ね、何とか1カ月待っていただくことに成功しました。
Yさんの帰国後、オファー面談が無事に行われ入社が決定。Yさんは今、同社で活躍されています。

担当エージェント

エージェント紹介

国立大学に入学するも2日目に退学を決意。IT系の起業に挑戦したのち、結婚を機に24歳のときに賃貸マンション・アパートの仲介を主業務とする不動産会社に営業職として入社。社内トップクラスの成績を収めた後にジャスネットに転職する。登録者の悩みや思いに耳を傾け、寄り添いながら転職のサポートをしていけるエージェントになることを目指しており、実際に多くの転職者から感謝の手紙が寄せられている。

【専門領域】
・不動産、建築・土木
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二