経理職としてプロスポーツチームの運営に携わる

K.Hさん  20代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
建設会社
職 種 /
経理
年 収 /
470万円

転職後

勤務先 /
プロスポーツチーム運営会社
職 種 /
経理
年 収 /
470万円

POINT この転職のポイント

成長企業で働くことを希望して転職活動を開始

希少なプロスポーツチーム運営会社の求人を紹介

登録者の強い覚悟が会社側に評価されて内定を得る

物足りなさを感じる日々を変えるために転職を決意

大手建設会社に勤めていたHさんが転職を決意したのは、会社の業務に物足りなさを感じていたからでした。その会社では、業務の仕組み化や効率化を推し進めており、仕事はほとんどがフローにのっとってこなしていくことばかり。Hさんは「このまま会社にいても成長できない」と考えたようです。

Hさんの転職先に対する希望は、IPOを目指しているなど成長中の会社というものでした。会社の成長に合わせて、自分もキャリアアップを図りたいとの思いが強いようでした。また経理の経験やスキルを生かして、いずれは会社の経営に関わる業務に携わりたいという希望もありました。

経理転職でプロスポーツチームの運営に

Hさんにご紹介したのは、ご本人も「えっ!? そんな求人があるんですか!」と驚かれたプロスポーツチームの運営会社です。もちろん数は非常に少ないですが、時々プロ野球やJリーグといったプロスポーツチームの運営会社から、経理職に関する募集案件が発生することがあります。

この希少案件をHさんにご案内したのは、Hさんが非常に成長意欲の高い方だと感じたからです。実はHさんの前にも紹介した人がいましたが、最終面接まで到達するも採用には至りませんでした。その時、採用担当の部長に理由を伺うと「経歴、スキルとも申し分ないが、覚悟が感じられなかった」という答えが返ってきました。

大企業と比べて、プロスポーツチームの運営会社は小さな組織です。それでいて社会的なインパクトはとても大きい。その会社では、経理と経営企画を密に連携させたチーム運営を構想しており、強い覚悟を持って能動的に動ける人材を求めていたのです。

転職には覚悟が必要。それを示し内定を獲得

そのことをHさんに伝えると、「こんなチャンスはめったにありません。覚悟はあります」とおっしゃっていました。Hさんはその言葉を実証するかのように、面接時に仕事内容や将来期待されている役割、面接時の質問内容などを細かく私に尋ねてきました。志望動機を練り、面接対策を万全に行いたいとのことでした。
強い覚悟と本気度は、会社側に自然と伝わるものです。Hさんの能動的な姿勢が高く評価され、内定を得ることができました。

Hさんは非常に仕事ができる方だったこともあり、内定後、前の会社から強い引きとめがありましたが、円満退社をし入社にいたっています。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号