トップ > 転職ノウハウ > 職務経歴書の書き方 > 監査法人での職務経歴書の書き方とサンプル

監査法人での職務経歴書の書き方とサンプル

書き方のポイント

担当したクライアントについて記載

監査やコンサルティングなどで自分が担当しているクライアントについては、端的に記載しましょう。担当しているクライアント先の業界についての知識があるということは、アピール材料になりえます。
守秘義務の関係上、具体的な会社名を出せませんが、情報量はクライアントが特定できないくらいの範囲で構いません。読み手がイメージできるように記載しましょう。

監査以外でかかわった業務で差をつける

通常の会計監査業務、金商法・会社法監査業務は、監査法人に勤めている会計士であれば誰もが経験いる業務なので、監査以外にかかわった業務の経験があれば、必ず記載しましょう。

実際に採用側の企業と話をしていると、「会計士のレジュメが10枚集まったとき、東証一部上場企業の監査をやっていたという人が10人いても比較ができない」という声を良く耳にします。
そうなると、出身大学や、年齢など、単純比較になってしまいます。応募先ですぐに生かせる経験かどうかは別として、他の応募者と比較したときに目に留まりやすくなるように、工夫しましょう。

監査以外の業務やプロジェクト単位の業務については、社内公募に応募する場合と部門としてタスクになっている場合があると思いますが、どちらの場合も経験内容として強みになります。
また、自分が積極的に手を挙げた仕事については、そういった姿勢も含めてアピールするポイントにしていきましょう。

職位について

監査法人には、「主査」「インチャージ」と言われる、一般事業会社とは異なる独特なポジション名があります。各監査現場の責任者の役割を担い、メンバーに指示を出し、監査の年間計画を作成するなど、マネジメント的な立場にいるのでそういう経験があるということが伝わるように、職位については必ず記載しましょう。
特に、事業会社そのもののインチャージを任された経験は差別化にもなります。各担当クライアントで監査現場の責任者であったことがわかるように記載しましょう。

サンプル

※サンプル内にあるポイントをクリックするとアドバイスが表示されます。

職務経歴書

20○○年○月○日現在
氏名 ○○○○

要約

国内監査部門に所属し、証券取引法監査及び会社法監査を中心に実務経験を積んでまいりました。入社3年目からは監査現場責任者を任せられることも多くなり、監査業務は一通り行えるものと考えております。
監査業務以外にも、買収に関わるデューデリジェンスや、上場申請資料の作成支援業務、IFRS導入支援業務の経験もございます。

職務経歴

○○○○有限責任監査法人 (20○○年○月~現在)ポイント

従業員:○○人

所属部門:監査○○○○グループ

会計監査業務

1.業務内容

・監査計画の立案・実績管理
・内部統制評価(J-Sox)
・直近の担当勘定科目は税金、引当金、棚卸資産、売上、売掛金
・基準上、明確でない項目の解釈や重要監査項目に関する審査書類の作成
・監査総括の実施(監査報告書、改善要旨の作成)

2. 担当会社の概要(担当会社数:延べ約○○社)ポイント

(1)法定監査(金融商品取引法及び会社法適用会社3社/会社法適用会社1社)
  ・東証一部上場自動車部品製造会社及び連結子会社5社:主査を担当ポイント

  

  ・JASDAQ上場不動産会社:主査を担当
(2)任意監査
  ・上場準備会社(商品販売業)1社:サブ担当

デューデリジェンス業務ポイント

東証一部上場大手アパレル会社による非上場会社買収に先立つ企業詳細調査

 ・分析的手続、実査、視察、質問及び関連資料の閲覧等による資産の実在性及び
  評価並びに負債の網羅性に関する検証手続
 ・各種財務分析(増減分析、回転期間分析など)
 ・クライアントへの調査報告書作成

上場申請書類(Ⅰの部、Ⅱの部)の作成支援業務:ジャスダック上場予定の不動産会社

・上場関連書類における記載金額・数値・内容の検証及び各項目の整合性検証
・上場関連書類の記載内容等に関する質問事項への回答業務

IFRS導入支援業務

東証一部上場大手消費者製品製造会社へのIFRS導入支援業務

・IFRS導入計画の策定…課題整理、マスタースケジュール作成、
 プロジェクト体制構築
・GAAP差異に関するアドバイス(基準解釈、必要となるシステム)
・開示影響調査・モデル財務諸表作成
・IFRS版勘定科目体系・連結パッケージ作成
・IFRS調整仕訳一覧作成
・グループ会計方針のフォーマット・記載ルール作成

資格・免許・PCスキル

TOEIC公開テスト700点(19○○年度)
公認会計士(20○○年4月登録)
Word、Excel

自己PR

国内監査部門の所属ではございましたが、様々な業務に携われるように複数のマネージャーに働きかけを行った結果、幅広い業務を経験する事が出来ました。クライアントの求める課題の本質を理解する事を常に意識し、クライアントとは一定の信頼関係を築けたと思っております。これまで外部の立場から「クライアントの為」という意識で仕事をして参りましたが、これからは企業内部で当事者として、最初から最後まで責任を持って仕事を進めて行きたいと思っております。

会計、税理、経理・財務分野の転職に強いジャスネットキャリア。プロのエージェントが転職を無料でサポート致します。
経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

無料転職サポートに申し込む


ジャスネットの強み

【閲覧無料】会計プロフェッションのヒューマンドキュメント誌「アカウンタンツマガジン」

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社プライバシーマークジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。


ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 職業紹介優良事業者ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は、職業紹介優良事業者として認定されています。