今後のことを考えると今の会社で働き続けるのは難しい

O.Mさん  40代以上  女性  
経理

転職前

勤務先 /
ホテル会社
職 種 /
経理
年 収 /
420万円

転職後

勤務先 /
ホテル職種
職 種 /
経理
年 収 /
450万円

POINT 転職成功のポイント

エージェントが先方の担当者との雑談から求人を創出

エージェントが実務経験を生かせる前職と同じ業界を紹介

業界を巡る“あるある話”で面接官と意気投合

体力的に無理なく定年まで長く働ける会社

Mさんは40代半ばの女性です。10年以上にわたって経理職としてホテル事業会社で働いてきました。しかし、その会社は年間の休日数が少なく、また残業時間も毎月40時間程度あり、Mさんは次第に「今後、体力が落ちてくることを考えると、今の会社で働き続けるのは難しい」と考えるように。そこで年間休日数が通常並みにあり、また定年まで長く働くことができる会社を求めて、当社にご登録されました。

Mさんは転職活動で苦戦を強いられることに。簿記の資格を持っていないことや、会社側から年齢の割にスキルが弱いと見なされたことが原因でした。またMさんはかなりのあがり症で、面接に進んでも、先方の担当者とうまくコミュニケーションが取れずに採用を見送られてしまったケースもありました。普段はとてもほがらかで、とても尊敬できる人柄でしたので、私は「何とかMさんの希望に添いたい」とずっと思っていました。

先方の担当者との世間話の中から求人が生まれた

そんな中でチャンスが巡ってきました。私がホテル事業会社に挨拶に出向いたときのことです。先方の担当者が世間話の中でふと、「すごく忙しくて、経理部門でも即戦力で働ける人がほしい」と漏らしたのです。とっさにMさんのことが浮かびました。そこで、私はすぐに担当者に「ホテルでの経理実務を持つ人材がいます」と伝えると、興味津々のご様子。同社は、残業時間も少なく、年間休日数もMさんの希望を満たしていました。

その日の夜、早速Mさんに電話をしました。先方からまだ正式な求人票をもらっていなかったので口頭での説明になりましたが、Mさんはとても喜び、後日、面接が行われることになりました。

“あるある話”で面接官と意気投合

面接は、全部で3回ありました。あがり症のMさんに少しでもリラックスして本番に臨んでもらうために、私も面接会場の近くまで行き、カフェでMさんの話し相手となることに。少しでもMさんの緊張をほぐすように努めました。

1次面接の結果は上々。先方は、Mさんのホテルでの実務経験を高く評価。そして、2次面接ではさらに高い評価を得ました。この面接には、転職後はMさんの直接の上司になる女性が出席したのですが、その方とホテル経理ならではの大変さについての話題で盛り上がったようです。その後の3次も無事通過し、Mさんは内定を得ることができました。

Mさんもホテルの経理業務であれば、長年の経験を生かすことができるため、職場にもすぐに慣れるのではないでしょうか。苦戦はしましたが、最後に良い会社を紹介することができて本当に良かったです。

担当エージェント

エージェント紹介

国立大学に入学するも2日目に退学を決意。IT系の起業に挑戦したのち、結婚を機に24歳のときに賃貸マンション・アパートの仲介を主業務とする不動産会社に営業職として入社。社内トップクラスの成績を収めた後にジャスネットに転職する。登録者の悩みや思いに耳を傾け、寄り添いながら転職のサポートをしていけるエージェントになることを目指しており、実際に多くの転職者から感謝の手紙が寄せられている。

【専門領域】
・不動産、建築・土木
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号