本気でIPOを目指している会社に転職したい

N.Oさん  40代以上  男性  
経理

転職前

勤務先 /
不動産会社
職 種 /
経理
年 収 /
800万円

転職後

勤務先 /
ウェブメディア事業会社
職 種 /
経理
年 収 /
840万円

POINT 転職成功のポイント

エージェントがIPOの現実味が高い会社をリサーチして紹介

経営陣の考え方や性格についてもエージェントが伝えた

IPO準備に関する知識量と経験の豊富さが評価された

現在の会社ではIPOの道のりが遠い

Oさんには、内部からIPOに携わり、達成後にはCFOのような立場で活躍したいという夢があります。この夢をかなえるべく、トップがIPOを目標として掲げている会社で働いていました。できればこの会社でIPOを実現するとともに、その後もずっと働き続けて、いずれは経営管理の仕事にも携わりたいと考えていたOさん。
しかし会社の状況を見ると、IPOの道のりはほど遠く、トップの構想だけで終わってしまいそうでした。そこでOさんは、やむなく転職を決意。「本気でIPOを目指している会社」を求めて、当社にご登録しました。

IPOの現実味をエージェントがリサーチ

そこで私がOさんに紹介したのは、ウェブメディア事業を行っている会社。同社は2年前に創業したばかりですが、すでにファンドが出資しており、CFOにはIPOに向けて元大手証券会社の方が就任していました。リサーチの結果、真剣にIPOを目指していることが判明したため、Oさんに案内することにしたのです。

ただし、まだ若い企業ということもあり、社内体制を見るとIPOを実現するまでには一山も二山もありそうでした。私は、その点についても率直にOさんに伝達。またCEOやCFO、執行役員の経歴や会社経営に対する考え方、性格などについても、私が知っている限りのことをOさんに話しました。

OさんのIPO準備に関する知識量と経験の豊富さを評価

応募することにしたOさん。面接はOさんと会社側の双方が、「一緒に仕事をできそうか」を判断し合う場となりました。会社側はOさんの発言の端々から、OさんのIPO準備に関する知識量と経験の豊富さをひしひしと感じ取ったようで、「ぜひ採用したい」という姿勢に傾きました。

一方Oさんも、まだ組織体制が整っていない若い会社であることに、自分の活躍の場を見いだし、「この会社であれば、組織づくりにゼロから携わることができ、経営管理の仕事にも関われそうだ」と判断したようです。面接後、Oさんからは「事前にお話を伺っていたイメージ通りの会社でした。みなさんとうまくやっていけそうです」という言葉があり、その後は、とんとん拍子で内定に至りました。

Oさんに、「IPOを目指している」という書面上の情報だけでなく、具体的な会社の状況をしっかりとヒアリングした上でお伝えできたことが、双方にとって良いマッチングに結び付いたのだと思います。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号