勤めながら自分の希望によりマッチした転職先をじっくり探す

T.Yさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
通信会社
職 種 /
経理
年 収 /
700万円

転職後

勤務先 /
化学メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
700万円

POINT 転職成功のポイント

昇進の可能性を得るため転職を決意

エージェントが登録者の疑問を一つ一つ解消

迷ったタイミングで、転職の動機に立ち返って判断するようアドバイス

マネジメント職への昇進が望める会社を求めて転職活動

30代後半に差し掛かり、マネージャー職へのキャリアアップを考えていたYさんは、責任のある仕事を任せてくれる職場を求めて、前職の会社へ転職しました。しかし、その会社は仕事内容について不満はないものの、組織の構成上、マネージャー職に就ける可能性がとても限られていました。そのため、責任ある仕事を任せてくれるとともに、マネージャー職へのキャリアアップの道が開かれている会社への転職を希望し、当社にご登録されました。

Yさんは、前職の会社に在籍しながら転職活動を開始。急いで探すのはなく、希望に合致した転職先をじっくりと探していきました。

エージェントが登録者の疑問を一つ一つ解消

Yさんは会計大学院を卒業してMBAを持っており、これまでずっと大企業で経理職を務めてきました。次の転職先としても大企業を希望していたため、大企業の中からYさんの希望を満たす会社をリサーチ。見つけたのが、東証一部上場の大手化学メーカーです。 しかし、Yさんはすぐには応募しませんでした。「どんなポジションで採用されるのか」「経理部門のメンバーの構成はどうなっているか」「マネージャー職に就けるのは何歳ぐらいからか。それは中途入社でも可能か」といったことをしっかり確認した上で、応募するかどうかを判断したかったからです。

そこで私は、Yさんの疑問を一つ一つ先方の人事担当者に尋ね、回答をYさんに伝達。その結果、Yさんの疑問は解消し、応募することになりました。

迷ったら転職の動機に立ち返る

書類選考を突破し、面接においても、Yさんがこれまで積み重ねてきた豊富な経験が高く評価されました。ところが、最終選考が終わった後に問題が発生。会社側が「最初は子会社に出向してほしい」と伝えてきたのです。また、年収も前職より落ちるとのことでした(最終的には維持を実現できました)。そのためYさんの中で、同社に転職するべきなのか迷いが生じることに。

そこで私は、先方に「子会社に出向させる意図」を尋ねました。すると、その子会社では近い将来、会計システムの入れ替えを予定しており、IT関係にも詳しいというYさんに、その強みを生かしてほしいとのこと。また子会社に出向になっても、今後のキャリア形成が不利になることはないということを確約してくれました。

そのことをYさんに伝えたところ、まだ決めかねている様子。そこで「一度、転職の動機に立ち返って考えてください」とアドバイス。子会社からのスタートだとか、年収ダウンになるといった短期的な視点ではなく、長期的に見たときには、Yさんが求めるキャリアを実現できる会社だと感じたからです。その結果、Yさんは同社への転職を決めました。

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号